忍者ブログ

tn'sブログ

映画を見たりニコニコ見たりしたら書くところ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本リスト① O・ヘンリの短編小説

短編集の魅力は

・オールジャンルがつまってて飽きさせない
・余計な文が一切なくて簡潔
・予測不能、すごいオチが待ってる

って感じだと思います。
短編っていいよ。
電車で読めば一駅分で一話読めたりね。(ド田舎です)
なんにせよ、手に取りやすいのがいいところです。


あらかた消えた私の記憶の中でも
最優秀短編賞は絶対
O・ヘンリの小説にあげたいですね。全話おもしろいもの。
アメリカの作家だよ。

O・ヘンリの短編集はいろんな出版社が出してて、
それぞれ収録内容が違うから
ベストの一冊は!って言いづらい。

だからおすすめのお話を数点紹介。


「賢者の贈りもの」
これは有名かも。心あたたまる感動モノ。

あまりに貧しくて、愛する夫にクリスマスプレゼントを用意することもできず
つらさに泣き暮れる美しい妻。
夫婦には2つ宝物があった。
夫の持つ唯一高価な懐中時計、そして妻の持つ長く豊かな美しい髪。
彼女は夫の時計につける鎖をあげたくて、
自分の唯一誇れる部分である髪を売ることを決意する。
買ってきたはいいものの、
夫は私のこんな髪を見たら何て言うかしら・・・

ああ、10ページもないのに、これは泣かせます。最後のページでぶわっとくる。
ていうか短編のあらすじって書けないな;困った


「運命の道」

これはかなり異色です。ミステリーというか・・・

 村に自称詩人の男がいた。彼は羊飼いの仕事をサボり下手な詩ばかり書く毎日。
ある日男は、自分の詩が優れていることを証明するため、妻を捨てて旅に出た。

 それから道は、九マイルほど走って、はたと思案の壁にぶつかる。

ここが運命の分かれ道。
ここで物語は4つのパラレルワールドに分割。

男が左の道を行った場合、
右の道を行った場合、
まっすぐ行った場合、
妻を思い出し引き返した場合

のそれぞれの運命が並べられる。

これ読んでた時は電車内で興奮してやばかった。
運命って怖いですね。
誰か「にゃんたんのゲームブック」って知ってるだろうか?
この話あれに似てる(笑)


「警官と賛美歌」
ひとつコメディーを。これも電車で読むと挙動不審になるかも。

 あるホームレスの青年が冬のねぐらにしようと決めた場所は、
離れ小島にある刑務所。
軽犯罪を犯して、その刑務所で冬を越そう。
公園よりずっと快適なはずさ。
それから彼は、警官の目の届くところでさまざまな犯罪を犯そうとするがー。

中盤はコント的な笑い。
どんでん返しなオチが最高!

ほかにもいっぱい面白いのあるから、
とりあえず立ち読みしてみてはどうでしょう。

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

やってるもの

★ニコニコ動画

ブログ内検索

プロフィール

HN:
tn
誕生日:
2007/08/09
職業:
古風な感じ
趣味:
映画鑑賞・描くこと
自己紹介:
ステマニ譜面づくりはもう飽きましたw

最新記事

アーカイブ

最新CM

RSS

カウンター

やっほー